Book
Leave a comment

欧文書体–その背景と使い方 小林章著

欧文書体-その背景と使い方 小林章著

Monotypeのタイプディレクター小林章さんの書いた入門本です。非常にわかりやすくフォントの分類、書体や文字の説明、使い方などが書いてあります。書体デザイナーらしく簡単なフォントデザイン指南も書いてありますが主目的は、

曰く

“「現場で活躍するプロのデザイナーのお役に立つこと」を念頭に書いたハンドブックです。これまでの「アルファベットのレタリング」の本とはだいぶ違います。”

“「世界に通用する欧文書体の使い方」っ~~て、考えてみれば当たり前ですよね。でもそういう本が今までなかったんです。”

つまりこの本は、書体の“使い方”に重点を置いているわけです。これ一冊あればなんでも判るとまではいきませんが、入門として読むには最高じゃないでしょうか。高岡昌生さんの『欧文組版』とセットで持っておくと何かと便利ですよ。それはそうとMonotypeはものすごい勢いでビジネスを広げてますね。どうなることやら。

  • 著者訳者:小林章
  • 出版社:美術出版社
  • 言語:日本語

Check at Amazon

欧文書体-その背景と使い方

Check at Amazon

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *