Study
Leave a comment

フォントデザインの基本004

KとXの話。

Kのバランスが崩れる場合があるが、基本的な作り方は意外と簡単。高さの半分、つまりキャピタルハイトの1/2で補助線を引く。Kの斜線(ダイアゴナルステム)が交わる点(図K-1の水色点)が補助線から等距離になるようにする。また上下の斜線は少しずらし、下側の斜線(レッグ)がやや飛び出すようにする。

次にX。Xを単純に2本の線で描こうとすると違和感が出てしまうことがある。2本の直線のはずが、ずれて見えるのだ。これを解決する方法は2種類あり、ひとつは図X-1。左上から右下へと描く直線は1本で描く。これに対し、右上から左下へと描く線を上下に分け、ずらす。またバランスを取るために左上限の斜線は面揃えにし、右上下はKのようにずらす。この方法はセリフ体のようなコントラストの大きな書体で特に有効。

次に図X-2。2本の直線を両方とも分解し、ずらす。合計4本の線で描く方法。この方法はヘビーなウェイト、あるいはコントラストの少ないサンセリフなどに特に有効。これも同じように左上限の斜線は面揃えにし、右上下はKのようにずらすのだが、ずらさないようにした方がいい場合もある。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *