All posts filed under: Other

その他に分類される書体。

Sensa

そろそろ、バレンタインディが近づいてきたので、バレンタイン関係に使えるフォントを紹介していきます。

Sensaは、1つの個性的なフォントではなく、お菓子のバラエティパックぽく、6種類のフォントから構成されるファミリーです。スクリプト、ブラッシュ、ペン、サンセリフ、セリフ、オーナメント、その中のいくつかを組み合わせても相性がいいし、1つをピックアップして使うことも。

特にブラッシュのラフな可愛らしさがおすすめ。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Copperplate Gothic

今週は、ロゴに使われたフォントを紹介。

今日は、Dean&Dlucaのロゴ。Copperplate Gothicというフォントが使われている。

19世紀の金属・石などに彫られた文字が元になっており、Frederic W. Goudyがフォントデザインしたもの。銅版や大理石の彫刻に用いるたがねによって彫られた文字を再現した、四隅のはねが特徴的。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Albertus® Nova

今週は、日本人欧文フォントデザイナー週間。1人目は大曲都市さん。

武蔵野美術大学でタイポグラフィー・タイプフェイスを学んだ正統派。卒業後はレディング大学でタイプフェイスのMAを取得後、Monotype社のデザイナーとして活躍。

大曲都市さんが関わったフォントから。Albertus® Novaは、バートホールド・ウォルプのAlbertusの復刻版で、Wolpe Collectionのうちの1つ。オリジナルは2ウェイトだったようだが、復刻版は5ウェイト作られている。刻まれたような文字(engraved)だがすっきりとしていて、どこか印象に残るフォント。ブックカバー、ブランディング、ゲーム、サインなどに使われている。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Winter is Coming

1950〜1960年代のウィンターシーズンのカードに使われていたレタリングを基にデザインされたフォント。サンタや星などのクリスマスや新年に向けて使える手描き風イラストも付いている。ラインガタガタの楽しいフォントで、難しいことを考えずに使って欲しい。2018年12月8日まで50%off。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Kate Greenaway’s Alphabet

イギリスの絵本作家Kate Greenaway (1846-1901)のKate Greenaway’s Alphabetという絵本を基に作られたイラストフォント。この絵本は現在は発売されていないようで、作者が描き直し、フォントデータを作成したそう。大文字・数字だけという構成だが、イラストを楽しむフォント。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Witchifinder

クリスマスに向けておすすめフォントを探していたけれど、あまり良いものが見つからず、かなり変化球ではあるけど、雰囲気のあるスクリプト(手書き風フォント)をご紹介。このWitchifinderには、18世紀の書体を元にしたオリジナルと、それを修正した新しいバージョンがある。新しいバージョンの方が、やはり読みやすい。でも読みやすさを追求しなくて良い場合は、オリジナルを使っても面白いと思う。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)