All posts tagged: classic

Brandon Grotesque

MyFontsでは2010年に発売されて、今も売れているサンセリフフォント。1920〜1930年代に人気を博したジオメトリックサンセリフに影響を受けてデザインされた。読みやすく機能的かつ温かみのある雰囲気と、お手頃な価格が人気の要因かな。ウェイトによって、ディスプレイにも本文にも使える、懐の大きさも魅力だ。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Quiche Sans

昨日紹介した、Quicheの姉妹フォント。Quicheが強めのコントラストでボールターミナルだったのに対し、こちらはモノラインでボールターミナルが除かれたバージョン。ハイコントラストなところは変わらず、より可愛らしい印象。11月に発売されたばかりで、2018年11月15日現在80%offセール中(!)。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Quiche

食欲の秋(も終わりかけているけど)、「キッシュ」という名前のフォント。ハイコントラスト(太い線と弱い線のコントラストが強い)なサンセリフフォントで、ボールターミナルが特徴。洗練された可愛らしさがあるので、化粧品や服などのブランディングや、チョコレートなどのパッケージに。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Auberge Script

少し懐古調な趣もある羽ペン(quill )で書いたような、美しいスクリプトフォント。そういったカテゴリーが一般的であるのかはわからないが、デザイナーは”quill script”と呼んでいる。「大きな鳥がそのために死ななくてもよい羽ペンスクリプト」だそうだ。スワッシュが豊富で、二重に巻いているところもあるくらい。ワインのラベルや招待状、ウェディング関係などに。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Spencer

いわく、カリグラフィックセミセリフフォント。セリフフォントでもなく、サンセリフフォントでもなく、ナチュラルであたたかみのあるフォント。フォント名は、ハーバード・スペンサーにちなんでつけられたそう。若干のこじつけ感を感じなくもないが、デザイナー兼研究者・教師でもある作者のインテリジェンスが溢れ出た命名。名前はともかく、なかなか使えるフォントではあります。今なら80%off(2018年11月6日現在)。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)