All posts tagged: illustration

NewYorkerType

アメリカの雑誌「ザ・ニューヨーカー」のタイトル文字に使われているフォントを紹介。

「ザ・ニューヨーカー」は、1925年に創刊。タイトルに使われた文字を、デザイナーのGert Wiescherが1985年にリデザインした。Gertはオリジナルをスキャンしたわけではなく、手書きでフォント化したという。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Rouge

窓に口紅で書かれた文字をイメージして作られた。スクリプト系の女の子うけしそうなフォントはたくさんあるけど、そうでないもの、となるとなかなか良いものがない。このフォントは、かわいい、オーガニック、数学的、古代文字、と見た人によって色々な印象を与えるユニークさがある。2ウェイト。2008年4月のRising Starをマイフォントで受賞。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Kate Greenaway’s Alphabet

イギリスの絵本作家Kate Greenaway (1846-1901)のKate Greenaway’s Alphabetという絵本を基に作られたイラストフォント。この絵本は現在は発売されていないようで、作者が描き直し、フォントデータを作成したそう。大文字・数字だけという構成だが、イラストを楽しむフォント。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Witchifinder

クリスマスに向けておすすめフォントを探していたけれど、あまり良いものが見つからず、かなり変化球ではあるけど、雰囲気のあるスクリプト(手書き風フォント)をご紹介。このWitchifinderには、18世紀の書体を元にしたオリジナルと、それを修正した新しいバージョンがある。新しいバージョンの方が、やはり読みやすい。でも読みやすさを追求しなくて良い場合は、オリジナルを使っても面白いと思う。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)