All posts tagged: packaging

Okojo Pro

名前に日本語の動物名「オコジョ」が含まれているフォント。

FuturaをデザインしたPaul Rennerや、ITC Avant GardeをデザインしたHerb Lubalinに影響を受けて作られた。

可愛らしい外見をしながら、がっつり肉食というオコジョのように、少し田舎っぽさがありながら少しロックンロールなところもある、という意味合いの名前のようだ。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Copperplate Gothic

今週は、ロゴに使われたフォントを紹介。

今日は、Dean&Dlucaのロゴ。Copperplate Gothicというフォントが使われている。

19世紀の金属・石などに彫られた文字が元になっており、Frederic W. Goudyがフォントデザインしたもの。銅版や大理石の彫刻に用いるたがねによって彫られた文字を再現した、四隅のはねが特徴的。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Pirouette™

日本人欧文フォントデザイナーを紹介中です。

今日は、立野竜一さん。筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザインコース卒で、グラフィックデザイン会社勤務後に、デザイナーとして独立。

タイポグラフィーやカリグラフィーを学んで、ロゴやフォントが専門分野となっていったようです。このPirouetteは、シャンプーのパッケージのためにデザインしたロゴを基に、フォントデザインを完成させたものです。繊細でエレガントなフォントです。

2003年のライノタイプ社 International Type Design Contest でディスプレイ部門の 1st prize を獲得。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Wolpe Pegasus™

今日も大曲都市さんによって復刻されたWolpe CollectionからWolpe Pegasus™を紹介。

オリジナルのPegaususは、いくつかの文字のセリフがオーバーサイズだったり、他の文字と比較したときに一貫性がないと感じられり、フォントデザインの定説に沿わない部分があった。しかし、全ての文字においてきっちりと正確でなくてもフォントは成り立つものだ、と感じた大曲さんは、小文字と、イタリック体を追加しただけで、その部分に変更は加えなかったそうだ。

そのゆらぎみたいなものが、かえってこのフォントを魅力的に見せているのかもしれない。本やウェブのテキストに最適。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)