All posts tagged: text

Kitsch

中世のゴシック体とクラシックラテンの中間に位置するフォント。

しかし、単に歴史上のバスタルダ体( 15〜16世紀にフランスやドイツで使用されたゴシック体の書体。公式文書ではなく、重要度の低い書物や文書を写本する目的で開発された文字)を参照するような形ではなく、新しい発想で、現代的な雰囲気を持つブラックレターをデザインした。

結果として、ディスプレイ用途にもテキストにも適した、コンテンポラリーなブラックレターとして他にないフォントになっている。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

Okojo Pro

名前に日本語の動物名「オコジョ」が含まれているフォント。

FuturaをデザインしたPaul Rennerや、ITC Avant GardeをデザインしたHerb Lubalinに影響を受けて作られた。

可愛らしい外見をしながら、がっつり肉食というオコジョのように、少し田舎っぽさがありながら少しロックンロールなところもある、という意味合いの名前のようだ。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)

FF Clifford

日本人欧文フォントデザイナー、2人目は泣く子もだまる小林章さん。

正確に言えば、小林章さんは、欧文フォントデザインできるフォントデザイナーですね。

武蔵野美術大学を卒業後、写研に入社。日本語のフォントのデザインプロジェクトを経験。その後、カリグラフィーに関心を寄せて、本で自学するだけでなく、ロンドンカレッジ・オブ・プリンティング(現在はロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーションに改名)の夜間コースでカリグラフィーを学んだそうです。現在は、モノタイプ社で、タイプディレクターを務めています。受賞歴多数。

現在は、名作フォントの復刻などに関わることが多いようですが、若手(中堅?)の頃には、創作書体も出しており、その1つがCliffordです。

テキスト向きのすっきりとしたセリフ書体。問答無用でおすすめのフォント。

Buy at Myfonts.com

(Read More →)